ModelSim?-Altera Starter Editionのインストール

1. ModelSim?-Altera Starter Editionをダウンロードします。
まず、Alteraのサイト(http://www.altera.com/)へいき、開発ソフトウェアのダウンロードを行います。

Quartus2_000000.JPG


2. ModelSim?をダウンロードするので、「ModelSim?-Alteraソフトウェア」をクリック。

Quartus2_000001.JPG


3. 「ソフトウェアのダウンロード」をクリック。

Quartus2_000002.JPG


4. ModelSim?-Alteraからバージョン「ModelSim?-Altera Starter Edition」を選択。

【注意】本チュートリアルでは Quartus II 10.1 SP1をインストールしています。  Quartus IIのバージョンに合致するModelSim?-Alteraをダウンロードしてください。

 バージョンを調べるには、デスクトップのショートカットを見るのが簡単でしょう。  例えば、これ↓だと、QuartusIIのバージョンは10.1 SP1です。

Quartus2_000000.JPG

Quartus2_000003.JPG


5. Windows版Quartus IIv10.1用のModelSim?-Alteras Starter Editionをダウンロードします。

「ダウンロードボタン」をクリックしてはいけません!!
(900$必要な有償バージョンをダウンロードしてしまいます!!)

下にある「個別ソフトウェア・ダウンロード」から「Windows版Quartus II v10.1用ModelSim?-Altera Starter Edition v.6.6c」をクリックしてください。

Quartus2_000004.JPG


6. インストールファイルを適当なフォルダに保存します。

Quartus2_000005.JPG


7. ダウンロード・マネージャが起動しますので、ダウンロードが終わるまでしばらく待ちましょう。

Quartus2_000006.JPG


8. ダウンロードが終わったら、インストールファイル(10.1_modelsim_ase_windows.exe)をダブルクリックしてインストールを開始します。

【注意】手順 5.で有償バージョンを誤ってダウンロードした場合、10.1_modelsim_ae_windows.exeがダウンロードされていますので、確認してください。

Quartus2_000007.JPG


9. 「Install」をクリックしてインストールを開始します。

Quartus2_000008.JPG


10. 「Next」をクリックしてインストールを開始。

【注意】Alteraに情報を送信したくない場合は「Allow Altera Software Installer to report statistics to Altera to improve quality」のチェックをオフにしておきましょう。

Quartus2_000009.JPG


11. 契約条項を読み、同意できれば「I agree to the terms of the license agreement」をクリックして「Next」。

Quartus2_000010.JPG


12. インストールするディテクトリとWindowsに登録するプログラム名を聞いてきます。
デフォルトではQuartusIIと同じディレクトリ(チュートリアルではC:\altera\10.1)になっているので、そのままにしておきます。

「Next」をクリックして次のステップへ。

Quartus2_000011.JPG


13. インストールする項目を設定。このままでよいので「Next」をクリック。

【注意】ModelSim?-Altera Starter Editionは2.7Gハードディスクを消費します。空きがあるか確認しておきましょう。

Quartus2_000012.JPG


14. インストールの最終確認が表示されるので、「Next」。

Quartus2_000013.JPG


15. インストールが終わるまでしばらく待ちます。終わると下のダイアログが表示されるので「OK」をクリック。

Quartus2_000014.JPG


16. 最後に「Finish」をクリックしてインストールは終了です。 次は、初期設定を行います。

Quartus2_000015.JPG


17. デスクトップにショートカットができているので、ダブルクリックしてModelSim?を起動します。

Quartus2_000016.JPG


18. ファイルの関連付けを行うか聞いてきますので、「はい」をクリック。

Quartus2_000017.JPG


19. VHDL(.vhd)と関連付けるので「はい」をクリック。

Quartus2_000018.JPG


20. シミュレーションファイル(.mpf)と関連付けるので「はい」をクリック。

Quartus2_000019.JPG


21. Welcomウィンドゥが開くので「Close」をクリックします。これでModelSim?が起動するはずです。

Quartus2_000020.JPG

お疲れ様でした。では、ModelSim?を使って回路の設計検証を行いましょう。

組合せ回路の検証~AND演算器?へ進む
Verilog入門に戻る


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-19 (火) 15:41:02 (2227d)